ベトナムでごはん3 ☆☆☆ ホーチミン市と奈良市で移住生活

今は、奈良県で生活。日本とベトナムの2拠点で生活です。

 ① 移住の課題

【2拠点生活】 日本への通院のための交通費が高い。

以前は、日本の住まいを処分し住民票も海外転出して、ベトナムに住んでいました。
今は、ビザの問題、病気の問題があるので、日本とベトナムの2拠点で生活をしています。

ベトナムで病気になり、通院が必要になったらどうするか?
1
ヶ月くらいで治る病気なら、治せばよいだけです。そうではない場合は、

          ↓
①ベトナムで通院する。 ②日本に本帰国して通院する。 ③ベトナムに住んで、日本の病院に通院する。


(1)ベトナムで通院する。

① 全額自己負担なので、毎回高額になる。

② 外国人だと、金に糸目をつけずに高額な検査をされる。検査費用は前払い。
③ 日本語通訳がつくが、簡単な単語のみで、医師の説明を受けられない。


(2)日本に本帰国して、日本で通院する

① ベトナムに住んで、ベトナムのごはんを食べることができない。

② 死ぬときに、ベトナムに住む夢をあきらめたことを後悔する。


(3)ベトナムに住んで、日本の病院に通院する。

① 通院のために、ベトナムから日本への飛行機代が必要になる。

② 2ヶ月に1回の通院なので、ベトジェットで往復8万円×年6回=48万円も毎年かかる。
③ ベトナムにいても、日本のアパート代や通信費・光熱費等も必要で、固定費が2ヶ国分(2倍)かかり、無駄に感じる。


240313khambenh111

選んだのは、「3番 ベトナムに住んで日本の病院に通院する」です。

(理由)
3
ヶ月の観光ビザは、毎回ベトナムから出国しないと取れない。
そのためベトナムに住んでも、3ヶ月に1回、タイやカンボジア等に出国し、ビザの取得が必要になる。

それなら、2ヶ月に1回、日本に15日間出国すれば、ベトナムにビザなしで45日間の滞在ができる。日本に旅行すると思えばよい。


240313khambenh121
もうすぐ、3月の通院日が来るので、今週末から日本に一時帰国します。

前回の1月の時は、寒い日本が嫌ですぐにベトナムに戻りましたが、
今回は桜がきれいな季節なので、奈良で桜を見てからゆっくりと
HCMに戻ります。


240313khambenh312
2024313日の、ブイビエン通りのヘムにある両替所のレートです。

USDが、24,800VNDになります。
1万JPY1,676,000VNDになります。1万円⇒167万ドン。


歴史的な円安は、おさまりを見せています。
ベトナムにあるVNDは、日本円に両替をしないで、
ベトナムでVNDとして使いましょう。


240313khambenh211240313khambenh212
しばらく「ベトナムで、ごはん」は、食べることができません。


<おまけ>

日本に住むのとベトナムに住むのとのちがいは、航空券の買い方。

ベトナムに住むと、ベトナム発の往復航空券を買います。

240313khambenh411
往路 SGN(サイゴン) → KIX(関空) 725万ドン
帰り KIX(関空) → SGN(サイゴン) 541万ドン

LCC
と言っても、燃油サーチャージがあるから、それほど安くない。
往復で1266万ドン、79,440円でカード決済です。



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)

ベトナムの銀行の課題を、カンボジアで解決できました。

今、プノンペンに来ていますが、観光ではありません。
ミッションの最終段階で、カンボジアに飛んできました。

今回の記事は、他所ではまず目にすることのできない内容です。
しかしベトナム在住者の中に、人知れず悩んでいる人が多いテーマでもあります。


今回、自分なりの方法で課題を解決できたので、そぉーと書いてみましょう。


< ベトナムの大きな課題 >
・銀行の制約が多く、日本に本帰国するときに、ベトナムの銀行預金を日本に送金ができない。

アンコムチュアは、ベトナムに10年、20年住むつもりで、
ベトナムの銀行に日本から大金を送金し、
定期預金で年利
8%の利息をもらって、金利生活をしていました。

しかし、20197月に長期ビザがないと定期預金ができなくなり、
利息のほとんどつかない普通預金にされました。
利息がなくなり、生活費が困りました。(問題1)


そして、ビザ自体が取れなくなり、日本に本帰国しました。
          ↓
その時、「ベトナムの銀行のVNDが、日本に戻せない」 という問題に直面させられました。(問題2)

日本には2割だけ残し、8割をベトナムに送金して利息をたくさん受け取っていたのが、問題でした。

マイナーな通貨のベトナムドンを、普通預金に入れておいても、目減りします。
それなら日本に戻そうとしても、戻せません。
そのうちに、本帰国です。



231213bank111
ベトナムから日本に飛行機でハンドキャリーするにも、限度額が5000米ドルです。
限度額を超えて運んで見つかったら、超過分は没収です。
ベトナムのエックス線は、USDを感知します。リスク高すぎます。



そこで目をつけたのが、隣国のカンボジアでした。

① カンボジアはUSDの国なので、銀行にUSD預金ができます。
② カンボジアから日本に、海外送金もできます。
③ 非居住者でも、口座の開設はできそうです。
④ カンボジアとベトナムは、陸路でつながっており、バスで移動できます。


カンボジアの銀行を経由して、日本にお金を戻せるかもしれません。
カンボジアに銀行に預金口座を作れても、どのように資金の移動をさせるかも大きな課題です。
ベトナム → カンボジアの海外送金は、もちろんできません。

          ↓
VND
をベトナムの銀行からおろし、街の両替店でVND→USDに両替し、
ハンドキャリーで
USD札をカンボジアに運ぶのが、現実的です。


231213bank121
空港は厳しいが、陸路の国境でのチェックはゆるいので、
バスに乗って、ハンドキャリーで少しだけ多めの
USDを持って、カンボジアに銀行口座の開設に行きました。


231213bank132
運んだUSDで、カンボジアで口座を新規開設するのが、すごい難題でした。
外国人が現金を持ち込んでも、マネーロンダリングを疑われます。


会社に雇用されている人は、雇用契約書や給与明細があれば、割と簡単に口座がひらけます。

それらのないアンコムチュアは、様々な書類を用意して、資金の出所を説明して、どうにか口座を開設することができました。


231213bank141
口座の開設さえできれば、あとは本格的な資金移動です。

ホーチミン → プノンペンのバスは、人間は国境で出国時にチェックを受けるが、
スーツケースは、バスに乗ったまま国境を通過して、カンボジアに行けます。


スーツケースの中に、10万$、20万$と大きな現金が入っていてもバレません。
(陸路でも5千米ドルの限度があるのは知っています。気になる人はここで退室してください。) 


ベトナムの銀行の
VND預金をUSDに替えて、
ホーチミン ⇔ プノンペン を、バスで往来して、
カンボジアの銀行に、ハンドキャリーで移動させることができました。



231213bank211
カンボジアの銀行に入金して、すぐ日本に送金では、あまりにもあからさまです。
マネーロンダリングを疑われます。それに銀行に対しても、申し訳ないです。

カンボジアの銀行のUSDの定期預金、利率がかなりよいです。
ベトナムで利息がなくなった代わりに、カンボジアでUSDの利息を受け取りましょう。

1年定期 5.50%に預けて、自動更新にしました。

231213bank411

日本にすぐ戻しても、ほとんど利息は付かないので、カンボジアで運用した方がお得です。
しばらくこのまま預けておきましょう。 この判断が功を奏しました。



それから3年~4年がたち、歴史的な円安です。

年利5%だと、4年で20%の利息が付いています。
10
USD4年後に12USDになり、為替は@110円が@150円です。

(4年前)  10万×@1101100万円 
(現在)   
12万×@1501800万円。

10
万$に対して、700万円もの利益がでました。 
30万$なら、2100万円の利益です。 (3300万円→5400万円)



231213bank133
今回、プノンペンに来ているのは、
銀行窓口に行き、定期預金を解約して、日本に海外送金する手続きのためです。

(送金手数料が、出金のカンボジア側が3万円と高い。入金の日本側は5000円と格安です。)


ベトナムの銀行のVNDを日本に送金できないために、
カンボジアの銀行を経由したおかげで、時間と円安の助けもあり、
2000
万円も、利益を得ることができました。

ミッション コンプリート。


231213bank321


(ひとりごと)
なかなかこのように、うまくはいきません。
カンボジアに現金を運ぶのも大変だし、カンボジアの銀行でお金の出所の証明をするのも、無職の自分にはハードルがとても高かったです。

でも、ベトナムの銀行から日本にお金を戻せなくて困っている人がいると思うので、
一つの解決事例として、自分の体験を提供しましょう。



(追記)
カンボジアに口座を作ったのは、ベトナムで定期預金ができなくなった2019年です。
ベトナムでは利息ゼロになってしまったので、カンボジアで利息5%のUSDを受け取るために、何度もハンドキャリーしました。

コロナ下での本帰国は、VNDは銀行に置いたままです。
USDは、タンス預金で隠しておきました。
国と国の往来ができなかったので、当然カンボジアにも行けません。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)

日越の2ヶ国生活のよい点。

2ヶ国生活の課題として、

・日本にいても、ベトナムの部屋代やWi-Fiの維持費等がかかる。
・ベトナムにいても、日本の部屋代やスマホ代等がかかる。
・毎月、2ヶ国分の住居費や維持費等が必要で、お金がかかりすぎる。

を書きました。


230706ve111
現状では、ベトナムは30日間のeビザしか取れないので、ぎりぎりの30日間ベトナムに滞在し、日本に帰ってきました。

ビザの緩和で、8/15からは、
① ビザなしで滞在できる日数が、
15日 → 45日に延長。
② eビザが、30日シングル → 3ヶ月マルチに拡充。
になるので、すごく楽になります。



今回は、2ヶ国生活のよい点を書いてみましょう。

① 荷物が少なくて、移動が楽です。

230706ve121
日本にもベトナムにも、お金や洋服をはじめ、生活に必要なものは置いてあるので、飛行機に乗るときの荷物が少なくすみます。

行きも帰りも、預け荷物12kgですんでいます。ベトジェットでDeluxeの20kgの預け荷物のサービスで十分です。


② 為替と上手につきあえます。

230706ve221
日本では、JPYを銀行に預けてあります。
ベトナムでは、
VNDを銀行預金とタンス預金に、USDをタンス預金にしています。


230706ve231
今は円安なので、ベトナム→日本に、USDとVNDを手荷物で運びました。

(持ち出し限度額が低すぎるからと言って、紙幣を膝の湿布貼り薬の中に隠して運んだりはしていません。)

USD
は、1ドル143.19で、大阪で少しずつ日本円に両替しています。


230706ve241
VND
は、100万ドンを5800円に両替しています。
毎回100万ドン持ってくるので、全員と顔なじみです。


日本にいる時は日本のお金で、ベトナムにいる時はベトナムのお金で生活しているが、為替の状況によって資金移動もできます。

これからはビザなしで45日間の滞在ができるようになるので、日越の往来がすごく楽になります。


FIRE 
ファイア (Financial Independence, Retire Early)は、 
10年前に達成したので、今は働く必要もないし、どこにでも住めるので、楽しいです。



<追記 77日>

230707ve511

今日は、
77日、七夕です。
大阪難波に、ごはんを食べに行きながら、
いつものようにベトナムドンの両替に行くと、今までの新記録です。


100VNDが、5,880JPYに両替できました。
100万ドンが6000円になる日も、近そうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)

日越の2重生活には、金がかかる。

カテゴリー②で、★ベトナムでの移住生活の課題を5つ書きました。

(1) 永住用の長期ビザがない。
(2)
 銀行の預金が複雑で、制約が多い。
(3)
 ベトナム日本へ、国外送金ができない。
(4)
 医療保険がない。病院代が高額になる。
(5)
 郵便が届かない。


今回は、★日越2重生活の課題を書いてみましょう。

230520nijuu111230520nijuu122
230520nijuu151230520nijuu141
20223月に日本に半帰国し、2重生活を始めて1年が経ちました。
       ↓
課題は一つだけです = 「お金が、かかりすぎる」。


① 日本にいても、ベトナムのマンション代(毎月)、部屋の
Wi-Fi料金(年間契約)、スマホの維持費等が必要です。

② ベトナムにいても、日本のアパート代、部屋のWi-Fi料金、スマホの維持費等が必要です。電気ガス水道は使わなくても基本料金が高いです。

日本にいてもベトナムにいても、双方の支払いが必要です。
短期間ならいいが、5年も10年も2ヶ所のアパート代やWi-Fi料金などを払い続けるのは大変です。

たとえば、日本5万円、ベトナム5万円で安い部屋を見つけたとしても、毎月10万円の支払いです。どちらかで10万円の部屋を借りたほうが、よい部屋に住めます。


230520nijuu211
現在は、30日間のeビザしか取れないので、滞在は1ヶ月だけです。
年3回、ベトナムで生活すると、

2月(ベトナム)、345月(日本)、6月(ベトナム)、789月(日本)、10月(ベトナム)、1112月1月(日本)

今、ベトナムの国会で審議中のビザの緩和が案のとおり実現したら、
ノービザ45日間、eビザ3ヶ月マルチで滞在でき、楽になります。

(理想)

日本が寒い冬はベトナムに。HCMが暑い45月は日本に住みたい。
春の桜、秋の紅葉は日本、蒸し暑い夏と凍える冬はHCMに住みたい。

        
12
12月(ベトナム)、 345月(日本)、 678月(ベトナム)、 91011月(日本)。


230520nijuu311
この2重生活を実現するには、ベトナムのマンションが必要です。

(1) ベトナムで半年ホテル生活すると、40ドルのホテルだと、40$×180日=7200$、約94万円必要。高すぎます。

(2) 1ヶ月や3ヶ月の短期では、アパート借りるには短すぎます。

(3) ベトナムにマンションを所有して、家賃負担を減らすことで維持経費を集計すると、
      ↓
①マンションの管理費 70万ドン(月額)、 年間で840VND
②部屋のWi-Fi料金  1年契約+3ヶ月おまけで 409VND、ヴィッテル。
③電気と水道代は、基本料金不明。使った分だけかも?
④スマホ2台の維持費、年額134万VND。

(内訳)1台は重要な電話。
1台は路上使用し、ひったくられてもよい安物。 
 ・MobiFone プラン12HD70 年額50VND
 ・VinaPhone プランBig70  月額7VND=年額84VND
  2台合わせて、年額134VND

①+②+③+④=840万+409万+134万=1383VND

年額1400VNDで足りるので、今の為替レートで約84,000円です。
84,000
円÷12月=7,000円。ひと月7,000円で済むから可能です。


230520nijuu411
日本⇔ベトナムの航空券、安いベトジェットで往復360$くらいで買えます。
3
ヶ月ごとに往来すると、2往復4回搭乗で済むので、計720$≒96,000円。


<結果・年額>
ベトナムの住居維持費  84,000
飛行機
4回分        96,000円  計180,000円。

① 現在の日本での生活費から、年額18万円を節約することで2拠点生活ができそうです。
 6ヶ月間の日本の生活費よりも、6ヶ月間のベトナムの生活費のほうが安い。
③ VNビザが取れれば、可能である。

それよりも、一番いいのは「ベトナムに長期で永住できるようになる」こと。
そもそも、ベトナムのビザが取れないために日本に帰国したので、ビザが取れれば日本に帰国する必要がない。


<5月20日追記 今日の為替>

230520kawase611
最近円安です。5月20日(土)は、1USDが、136.60YENです。

230520kawase622
ベトナムドンは、100万ドンを両替すると5800円になりました。
でも、100万ドンが6000円になる壁は、高い。

両替所の店員とはもう顔なじみ、毎回50万ドン札を2枚替えるので、ベトナムドン紙幣を見本で確認することがなくなりました。。


そろそろ日本に持ってきたベトナムドンがなくなってきたので、ベトナムに取りに行きたい。
ベトナムから日本に銀行で海外送金ができないので、ハンドキャリーのみです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)

【ベトナム移住】 課題の解決には、〇〇があれば可能です。

224日に全日空・羽田便で日本に帰国して、1ヶ月以上が経ちました。

 1
ヶ月以上ブログを更新しなければ、ホーチミン情報ランキングは10位以下に下がって、目立たなくなると思っていたら、今でもランキング1位のままでびっくりです。

ブログを長く続けていると固定ファンがつきます。少し更新しましょう。
ベトナムでの移住の課題に対する解決策を書いて、このテーマは完結です。



ベトナムで移住生活をするうえでの課題として、下の5つをあげました。

          ↓

★★ホーチミン市で移住生活するときの課題★★

(1) ロングステイできる長期ビザがない。
(2)
 銀行の預金が複雑で、制約が多い。
(3)
 ベトナム→日本へ、国外送金ができない。
(4)
 医療保険がない。病院代が高額になる。
(5)
 郵便が届かない。


ビザの更新が1ヶ月すらできず、今回日本に帰国しました。
ビザについては、どうすることもできません。しかし、ビザなしで不法滞在するわけにもいきません。


それで考えた解決策〇〇は、「2拠点で住む」です。

⑪ ベトナムの他に、日本にも住居を確保する。
⑫ 寒い冬はベトナムに住み、気候のよい春は日本に住む。
⑬ ベトナムにはマンションを買ってあるので、日本にアパートを1年通して借りれば、いつでも好きなほうに住める。

       ↓
日本ではどこに拠点を作るか、考えていました。

㉑ 以前は東京に住んでいたが、家賃が高いのでコストがかかりすぎる。

㉒ 家賃の安い地方都市に住みたいが、「日本⇔ベトナム」を行き来するので、空港に行きやすい場所がいい。=成田、羽田、関空、福岡。


㉓ 春と秋を日本で過ごし、夏と冬をホーチミン市に住むのが基本計画。
  春の桜、秋の紅葉を、楽しめる地域がいい。

          ↓
㉑~㉓を考えて、奈良にアパートを借りました。       

これから、春の奈良は桜がきれいに咲きほこります。
秋は、京都に電車で
1本で紅葉狩りに行けます。
いつでも大阪に行って、うまいものを食べて、食い倒れができます。


<課題の8割は、解決>


奈良にアパートを借りたことで、移住の課題の
8割は解決しました。

①ビザの課題。

・ビザが取れないためホーチミン市に住めないのなら、奈良に住めばよい。

3ヶ月ビザが取れたら、ベトナムに戻ればよい。

②ベトナムから日本に、お金を移動できない課題

・日本に帰国するとき、手荷物で
5000米ドルまで運ぶことができます。5千ドル=60万円弱。
60万円で、日本で3ヶ月生活をして、またベトナムに戻りベトナムドンで生活すれば、日本のお金はあまり減らさないで、ベトナムのお金で1年じゅう生活できます。

③ベトナムの医療費が高い課題。

・海外からの転入で日本に住民登録し、国保に入りました。

・これからは住民登録を海外転出しないで、ずーと日本に置いておきます。

・アパート住まいだと、日本のアパートを引き払うと住所がなくなるので、国保の資格も喪失します。
実家に住所をおく人が多いが、それができない人もいます。

・ベトナムでは全額自費で高額な医療費を払っていたが、日本では国保に入り続けるので、病気になったら一時帰国して保険診療を受けられます。


④ベトナムは郵便が届かない課題。

・日本の銀行やクレジットカードの登録住所を、日本に変更しました。

 (非居住者口座 → 居住者口座に戻しました。)

・クレジットカードは
5年毎の更新なので、更新時に日本にいれば受け取れます。
・今使用しているクレジットカードは20227月が期限なので、更新されるカードを日本で受け取ってからベトナムに戻ります。

⑤ベトナムのマンションの課題。

1年も2年も部屋を閉め切って放置すると、部屋の中が腐敗、またはカビがはえそうです。
 3ヶ月に1回ホーチミン市に戻れば、空気の入れ替えをすることができます。

・ベトナムに
3ヶ月住んで、3ヶ月留守にし、3ヶ月住む。旅行気分を味わえます。


ベトナムでは、315日から観光再開して、ノービザで15日間は隔離なしで行けるようになりました。

15日間では短いので、3ヶ月ビザを大使館で取りたいが発給されるのか?
・ノービザでベトナムに行き15日が過ぎた後、ベトナム国内でビザの取得ができるのか???


<奈良で、ベトナム料理>

奈良で桜を楽しんでいますが、ベトナム料理も楽しんでいます。
奈良で食べることのできるベトナム料理を載せてみましょう。

20220327vn111
ベトナムに日本料理店がたくさんあるように、日本にもベトナム料理店がたくさんあります。
奈良で見つけた、「うまいベトナム料理」が、この店です。

20220327vn211
メニューは豊富です。
今回は、「コムランチ 1,300円」を食べてみました。


20220327vn221
① 蓮の茎のシャキシャキサラダ エビセン付き

20220327vn231
② 春巻きの前菜盛り合わせ(生春巻きと揚げ春巻き2種)

20220327vn241
③ お好きなベトナム麺1種類選択。
フーティウを選びました。フォーがある店は多いが、フーティウのある店は貴重です。

どれもうまいです。
ベトナムに戻るまで、奈良や大阪でベトナム料理の店を開拓しましょう。

1
か月ぶりの更新、次はどうしようか・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)

プロフィール

アンコムチュア

ホーチミン市に住んで、ローカル食堂や屋台で、ベトナムの庶民料理の食べ歩きを楽しんでいます。
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることがライフワークです。