★ 銀行

【ベトナムの銀行】 2014年から2021年までの変化。

まだ日本にいて、ベトナムへの移住の準備をしていた時に知りたかった情報が、ビザの情報と銀行の預金。

 

特に銀行の預金については、情報がとても少なく残念な思いをしました。

銀行情報があったとしても、せいぜい口座の開設方法くらい。

知りたい情報がない。それなら自分が書きましょう。

 

ここ6~7年で大きく変化しているので、整理してみました。


 

(1) 2014年当時~

 

① ベトナムの銀行は、外国人でも、観光ビザでも、定期預金ができました。

② ビザが3ヶ月しかなくても、1年定期や2年定期ができました。
③ 定期預金が満期になると、自動更新されました。
  

        ↓

⑪ 100億ドン(5000万円)を、年利8%で預入れができました。
⑫ 利息は、満期一括の他にも、毎月受取型を選べたので、毎月受取を選択。

⑬ 利息には税金がかからず、8%まるまるもらえます。

       ↓

★ 100億ドンから、8億ドンの利子所得。年間400万円も利息が受け取れました。

★ 33万円×12月=396万円。毎月33万円の利息が入るが、そんなに必要ないので余ったお金をアメリカドルに両替して、一時帰国の時に持ち帰り、日本の銀行にドル預金で入れました。

 

夢の金利生活です。しかし、長くは続きませんでした。


 

(2) 20179月から、大幅に変化

 

① 6ヶ月以上のビザがないと、外国人は定期預金ができなくなりました。期間もビザの有効期限までです。ビザの残りが9ヶ月だと9ヶ月定期が最長です。

② 既存の定期預金が満期になると、自動継続されず普通預金に入ります。再度ビザを持って定期預金に入れる必要が生じました。

③ 以前は簡単にとれたDN12ヶ月のビザが取得できなくなり、3ヶ月ビザのみ発給で、実質的に定期預金に預け入れができなくなりました。。


(ポイント)
事前に分かっていれば、既存の定期預金を解約し、別の銀行で5年定期等期間の長いのに預け替えができたが、前触れもなく定期預金ができなくなりました。

 

いままで年に400万円の利息を生んでいたのが、ゼロに。

1年ビザが取れれば定期預金継続できるが、3ヶ月ビザしかとれず、定期預金ができない。


          ↓
なにか対応策がないか・・・、ビザが長期のをとれればいいが、それは難しい。
インフレの激しいベトナムで、このままでは目減りするだけ。日本に送金もできない。

それなら、ベトナム以外の国にも目を向けてみよう。


 
カンボジア PPCBank でドル口座を開設


20210524ppcb01
いろいろ調べて、カンボジアにドル口座が開設できることを知りました。
2019年にプノンペンのPPCBankに、アメリカドル口座を開設し、ドルの定期預金にしました。非居住者でも口座開設ができました。

bank210315scb111

12 months = 5.00%

24 months = 5.50%

36 months = 6.00%

ドル預金の金利が高いです。カンボジアは米ドルの国です。(利息には税金がかかります。)

ベトナムの定期預金が満期になったら、そのお金をカンボジアに移して、アメリカドルで5%以上で運用できます。



bank210314tuika01
ベトナムの銀行からは、カンボジアや日本に海外送金ができないので、ベトナムドンを引き出し、レートのよい街の両替所でアメリカドルに両替し、米ドル札を小分けしてカンボジアに手で持っていきました。
部屋にタンス預金するのも、金庫が必要です。

上の写真は、1個5億ドン。 50万ドン札100枚×10束。重いです。
銀行でベトナムドンをその場で米ドルにすれば、軽くて楽だがレートが悪い。
(50万ドン札を100$札に両替すると、体積が5分の1くらいに減って、持ち運びやすい。100$=230万ドン) 



飛行機で、ホーチミン市からプノンペンに行けるが、空港で5000米ドル以上持っていると没収されます。
チェックの甘い陸路で、プノンペンに運びました。
 

ホーチミン市からプノンペンへバスに乗って手荷物で米ドルを運んだが、1回の限度額があるし、防犯対策も必要なので、小分けして何度も往復しなければなりません。

        ↓


予定の半分くらいしか、ベトナム→カンボジアに資金移動ができていないのに、コロナの影響で国境が閉鎖。
カンボジアに行くことができない状況が1年以上続いていて、ベトナムの普通預金口座にただ眠ったままです。


 

(3) 2021年3月、1年ビザが取れる。


bank210315scb121

コロナの影響もあるし、ずーと3ヶ月ビザばかりで、長期ビザが取れませんでした。

もう12ヶ月ビザは無理かなぁと、あきらめていました。


 

bank210315scb122

しかし、1年ビザ、12ヶ月ビザを今回取得しました。
延長手続きの時に、「もっと長いビザが欲しいなあ」とつぶやいたら、1年ビザを取ってくれました。

いつもお願いしている旅行会社は、政府にすごいコネクションを持っているのかもしれません。

 

03/03/2021 ~ 23/02/2022

丸まる12ヶ月ではなく少し欠けているが、問題なし。

銀行に電話して確認したら、11ヶ月の定期預金にできるとのこと。



20210318bank01
銀行に行って、金利を確認。30億ドン預けたら、少し金利を上乗せしてくれました。

 

11ヶ月定期 (利息満期一括) 6.57

11ヶ月定期 (利息毎月受取) 6.40

  

3,000,000,000ドン×0.0657×11/12180,675,000ドン。

30億ドンを11ヶ月定期にして、利息は1億8067万ドン。

 

1年ビザがなかったら眠っていたお金が、ビザのおかげで1億8千万ドンも利益を生んでくれました。

 

1日100万ドン使っても、180日分。= 1億8000万ドンあると、半年以上楽に暮らせます。

すごくお金持ちになった気分です。あと30億ドン追加すれば1年間暮らせるが、半分はアメリカドルにしてリスク分散です。

 

今のベトナム生活では、ビザは銀行預金にも影響しますので、ベトナムでの移住生活を考えている人の参考になればと思い、記事にしてみました。

 

自分が日本にいた時、このような在住者のリアルな情報がものすごく欲しかったのだが、見当たりませんでした。

ベトナムドンを日本円に置き換えれば、計算ができます。

 

(注意) 2021313日現在での状況です。日本からベトナムへの海外送金は簡単ですが、ベトナムから日本への海外送金は困難ですので、短期でのベトナム生活には向きません。
ベトナムドンはベトナムで全部使いきるつもりの人向けです。



(おまけ)


mon210403scb111

chúc mng sinh nht
銀行から誕生日プレゼントが届きました。

 

mon210403scb112

きれいな花と、高級お菓子の詰め合わせ。

年末には、テトのお菓子、仲秋の名月には月餅も届きました。

ベトナムの銀行は、サービスがいいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)



ホーチミン市の人気両替所を、実際に体験してみると。

 

以前は、ベトナムの銀行は外国人でも、観光ビザの3ヶ月でも、定期預金ができました。

ビザが3ヶ月でも、1年定期や2年定期ができました。

       ↓

20197月からは、6ヶ月以上のVISAがないと、外国人は定期預金ができなくなりました。

満期になると、利息が付かないただの預かり金になるだけです。

 

se200116doi211

20億VNDが満期になったので、銀行から引き出しました。


ベトナムドンで、利息も付かない預り金では目減りするだけなので、アメリカドルに両替して何か方法を考えましょう。

 

      ↓

116日に、ホーチミン市で人気の高い両替所に行って、本当にレートがいいのかチェックしてみました。

行ってみたのは、3ヶ所。


①人気1位の、ベンタン市場西側の両替所。

②ベンタン市場の東側の、空いている両替所。自分のお気に入り。

③ドンコイ通りの人気の両替所。

          ↓


ベトナムドン⇒アメリカドルの両替です。

1米ドルを買うのに、いくらベトナムドンが必要か。

 

結果は、

① 1/16(木) 1億ドンを両替(@23,190ドン)
  →4,312ドル。釣り5千ドン。 ベンタン市場西側。

② 1/16(木) 1億ドンを両替(@23,200ドン)
  →4,310ドル。釣り8千ドン。 ベンタイ市場東側。

③ 1/16(木) 10億ドンを両替(@23,200ドン)
  →43,100ドル。釣り8万ドン。 ドンコイ通り。

(参考) 当日のベトコムバンクの「VND → 米ドルの両替レート」は、1ドル=23,230VND.
3カ所とも、ベトコムバンクよりもレートがいい。

 

人気1位の①ベンタン市場西側が、1ドルを23,190ドンで購入でき、レートがよかったです。

しかし、①にはもう行きたくない。


 

<3か所で両替して感じたこと>


se200116doi221


① レートが一番いいのは、ベンタン市場の西側だが、道路に面していて、防犯上よくない。


・混んでいて、割り込みが多い。

・お札の枚数を数える機械が、店員用に奥にあるだけで、お客に確認用がない。

1億ドン両替して、100米ドルが43枚でたが、手で43枚数えなくてはならない。

23万円の少額の両替ならいいが、50万円100万円の時は、手で数えるのが手間なのでやめたほうがいい。

 

② 一番よかったのは、ドンコイ通りの両替所。

5億ドン(50万ドン札×1,000枚)を2束、合計10億VNDを持っていったので、そおっと見せて奥のVIPルームに案内してもらいました。

・個室で、機械で一緒に枚数を数えるので安心。
 ベンタン市場の西側は、道路に立って、他の客と争うように待つので危険だし、客が機械で枚数を数えた結果を確認できない。


1ドルあたり、23,200ドンと23,190ドンの違い=2320分の1。2320円で1円の差なので、仮に23,000円両替しても、10円しか変わらない。23万円で100円。


・一番よいレートで両替するのにこだわって、23万円で100円の差で、道路上で割り込みをされながら、自分も前に出て、混雑で貴重品に気を付けて、ストレスを感じながら両替する必要はない。

se200116doi222

5万や10万の少額なら、空いているベンタン市場の東側の両替所のほうがすぐに両替できて便利。椅子もありカフェが併設なので、自分のお気に入り。



 <総合判断>


5
万円とか10万円程度の両替であれば、レートが一番よい「ベンタン市場の西側の両替所」で、両替してもいい。

 
しかし、混んでいて安全ではない。
路上で大金をだして、それに神経を集中していると、後ろに並んでいる人にバックの中身を盗られそう。


大金の場合は、

 se200117doi211

大金を両替する場合は、店内で枚数の計測器のある店のほうが良い。

これは、50万ドン×1,000枚で15億ドン。
3つで15億ドン。お金持ちになった気分です。


2位 ベンタン市場の東側の、この両替所。

 

se200117doi221


店内に椅子がある。カフェも併設。

レートも、一番よいと言われているベンタン市場の西側に比べて、2320分の1しか、変わりがない。
23,000円両替したら、10円しか違わない。)

 

1位 ドンコイ通りの人気店


se200117doi222



・店内で両替なので安全だし、高額の場合は店の奥のVIPルームで対応してくれるので、安心だしわかりやすい。

・紙幣の質が、一番よかった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ  ← ランキングに参加中。 
(あなたからいただいたクリックで、ランキングが上がります) 

ベトナムの銀行預金、外国人の場合。

 

SK2020年1月6日号の記事に、


200109skjinkou101

「ベトナム在留邦人の貯金事情、定期預金と貯蓄預金の違いとは?」

が、掲載されていました。

 

200109skjinkou102

これが記事です。

 

読みやすいように、内容を記載します。


 

外国人もがっちり貯めよう!

定期預金と貯蓄預金の違いとは?

 

<貯蓄預金の種類は、定期・要求払いの2つ>

 

2019年7月から、外国人は、「貯蓄預金」が利用できなくなり、代わりに、居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人は、「定期預金」を利用できるようになりました。

 

「貯蓄預金」には、定期・要求払いの2種類があり、現金による入出金・普通預金からの振替のどちらも可能です。

居住者であるベトナム人は外貨建て・VND建てから選択できます。

 

これに対し、「定期預金」は、居住者・非居住者のベトナム人、居住者のベトナム組織(外資含む)、および居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人が利用でき、外貨建て・VND建てかを選べますが、現金での入出金ができず、定期預金の預入れ、元本・利息の受け取りは貯金者の普通預金口座を通じてのみ行えます。

 

 また、居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人の預金期間は、ビザ等の残存在留期間を超えることができない等の制約があります。

 

<貯蓄・定期ともに利率は同じ>

 

ベトナム国家銀行は、貯蓄預金・定期預金とも、名称が異なるだけでどちらも「預金」であることに変わりはないとしており、また、各銀行は通常どちらも同じ利率に設定しているので、利用者にとって実際上の違いは特段なさそうです。

 

 旧制度と比べると、非居住者であって6ヶ月以上の在留資格を持たない外国人は利用できなくなり、また、おそらくマネーロンダリング対策のため、現金での入出金ができなくなった等の変化が見られます。

 

 ある外資銀行が2018年に調査したところによると、アンケートに回答した外国人労働者の72%が「ベトナムへ赴任してから貯蓄額が増えた」と回答し、またほぼ同じ割合の回答者が「本国にいるときよりも可処分所得が増えた」としているそうで、定期預金の需要もさらに伸びそうです。みなさんも始めてみますか。 (文章 小幡葉子)

 

一番のポイントは、

① 6ヶ月以上の在留資格がないと、定期預金はできない。

② 預金期間は、残存在留期間を超えることができない(ビザの範囲内)。

③ 現金での入出金ができない。

          ↓

駐在員等、労働許可書をもっており、2年間のレジデンスカードがある人は、ビザの範囲内で定期預金ができる。

働かないで、3ヶ月間の観光ビザで長期滞在している自分は、定期預金ができない。
金利が高いと言っても、それを利用することができない。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ   

(ランキング参加中)

 

プロフィール

アンコムチュア

ホーチミン市に住んで、ローカル食堂や屋台で、ベトナムの庶民料理の食べ歩きを楽しんでいます。
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることがライフワークです。