ホーチミン市と奈良市の2拠点に住んで、ベトナムと日本を比較して、それぞれのよい点を見つける企画です。


ベトナム→日本と、順番によい点をあげて、

① ベトナムのアパートは、家具家電付きですぐに生活できる。

② 日本の桜は、美しい。
③ ベトナムは、スマホの料金が安い。

今回は、日本の優れている点です。
     ↓
④ 日本は、水道水が飲める。


ベトナムに住んだことのない人は、???かもしれません。
日本では、当たり前に水道の水が飲めるが、ベトナムでは水道水は飲めません。

20220424mizu111
それで、みんな大きなボトルで水を買います。1ガロン=19リットルです。
とても自分では運べないので、水屋さんに配達してもらいます。

20220424mizu113
どの位大きいか、比較してみましょう。
左が日本で普通の350mlと1.5リットル。
ベトナムでは右の、6リットルと19リットルを買います。

自分は、ほぼ外食なので、飲み水だけ買っていました。
日本でもミネラルウォーターを飲んでいたので、ベトナムはミネラルウォーターが安く買えていい国と思っていました。

しかし、コロナで一変。
ホーチミン市はロックダウンとなり、飲食店は営業停止、持ち帰りもダメ。 タクシーもバスも運行禁止。
そもそも買い物に外出するにも、政府からの「買物券」を持っていかないと、店に入店すらできず、週に2回だけ。
          ↓
自炊をしないとならなくなりました。しかも買い物にも満足に行けない。


20220424mizu115
真っ先に、生きていくための水を買いだめしました。水道水が飲めないのはきつい。

20220424mizu121
そして、慣れない自炊。スパゲッティをゆでて、毎日イタリア人です。
パスタを茹でる水も、ペットボトルのミネラルウォーターです。
茹でる水を節約するために、パスタは折って短くしました。

20220424mizu125
パスタソースにするために、イワシのトマト煮の缶詰を買いだめして、毎日パスタをゆでて、ロックダウンの最初の頃は乗り切りました。

20220424mizu127
1
週間毎日、パスタ。水の残量を心配しながら茹でます。

20220424mizu131
救援物資が届いて、ざるそばも作ることができました。


20220424mizu211
ホーチミン市の街は、ロックダウン。外を歩くとつかまって罰金です。
当初は買物なら外出OKだったが、最後は買物すら外出禁止になりました。

20220424mizu313
最後はパスタをゆでる水がもったいないので、小さい鍋でジャマイカ米を炊きました。
炊飯器など持っていないので、鍋で湯どり法です。

20220424mizu321
そして、日本からの救援物資のふりかけがごちそうです。

20220424mizu411
ベトナムで生活するには、水の確保が死活問題です。
日本は水道水が飲めるので、おいしくないのを我慢すれば生活できます。


ベトナムは、水道水は飲めないし調理でも使えないので、コロナのロックダウン中は、飲み水の確保をしながら、日本からの救援物資で生き延びました。

今となっては、ロックダウンもなつかしいです。
たぶん、あの経験は2度とできないと思います。


ベトナムと日本のよい点、
① ベトナムのアパートは、家具家電付きですぐに生活できる。

② 日本の桜は、美しい。

③ ベトナムは、スマホの料金が安い。
④ 日本は、水道水が飲める (ベトナムは飲めない)。


④は、日本のよい点というより、ベトナムの不便な点という側面が強いです。
料理はしないで外食なら、それほど不便ではないが、自炊する人は、米をとぐ、野菜を洗う、野菜をゆでる、味噌汁を作る・・・、どれだけミネラルウォーターを使うか考えると、大変さがわかります。

次回⑤は、ベトナムのよい点です。何にしようか・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)