今回のベトナムのコロナ生活では、ふだん外食ばかりで自炊しない人が、強制的な自炊生活に追いやられました。かなりきついです。

 

 

210928soba011

当初は、日本からの緊急救援物資のレトルトカレーや、ふりかけごはん等で乗り切れても、2ヶ月以上も続くとベトナムで入手できるもので自炊をしないと生き残れない。

 

ベトナムで購入して、自分で作っておいしかったものを書いてみましょう。

将来、また自炊するときの参考資料です。


 

初回は、焼きそば。

 

210928soba112

① インスタント麺の焼きそばで美味しいのが、これです。

 

210928soba131

② ソースが4種類も入っているのがベトナム風。

何度か作って、4つのうち2つは入れないほうが美味しいことを学びました。

 

210928soba141

③ 作り方は袋の裏面に記載があります。鍋にお湯を沸かし、3分ゆでて、ざるでお湯を切り、ソースを混ぜて完成です。

ペヤングソース焼きそばとイメージは同じです。

 

210928soba221

④ しかし、フライパンで作ったほうが美味しい。

・先に、もやしとキャベツをフライパンで茹でて、皿に移す。
・水200ccで沸騰させ、硬いインスタント麺をやわらかくする。
・最後に、もやしとキャベツを加え、麺と合わせてソースで味付けする。

具なしの素焼きそばよりも、断然うまい。

 

210928soba311

完成です。キャベツともやしを加えるだけで、味がぐーんとおいしくなります。
もやしをたくさん入れることで、ボリューム感もでます。

 

210928soba312

食パンを焼いて、焼きそばサンド。

 

210928soba313

コッペパンが入手できたら、焼きそばパン。これはかなりおいしかった。


 

(おまけ ; おいしくない焼きそば)

210928soba321

失敗したのがこの焼きそば。コンビニで6000ドン、30円くらいでよく売っています。

これはおいしくない。味付けが、焼そばとはかけはなれたまずさです。

 

 

(街の様子)


210928soba711

最近はもう我慢の限界をこえて、外出禁止をやぶって毎日散歩をしています。

そこらじゅうがバリケードで封鎖され、オートバイも入れずに不便です。

 

 210928soba712

引き返そうと思ったら、オートバイが封鎖をくぐっていきます。

 

210928soba713

オートバイがぎりぎり通過できるように、スペースが開いていました。

 

オートバイが通過できて、なぜかほっとしました。

きびしく規制ばかりでは息が詰まります。外出禁止だからと言って、本当に部屋から出ずに24時間部屋の中にいたら、息が詰まります。

 

外出禁止で見つかると罰金ですが、ほどほどに外出して、気分転換も必要です。

101日からの新しい指令では、少しは緩和されることを願いましょう。



(追記; 928日)


10
1日からは、かなり緩和がされそうです。

郵便通信、書店、IT製品・家電製品販売店など、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、個人商店、飲食店(テイクアウト)、伝統的市場、理美容店・・・、かなり候補があがっています。まだ計画案です。

 

210929soba111

自分はまだ「イエローカード」だが、今日も街歩き。営業しているローカル食堂を見つけました。ロープを張って2メートルの間隔を確保です。

 

210929soba112

3ヵ月ぶりくらいのマンベー。持ち帰りです。

 

210929soba113

買ったのは、Cơm chiên bò lúc lc。さいころステーキとチャーハン。

すっごく久しぶりです。

 

210929soba121

ごはんとおかず、合わせて45,000ドン、225円です。すごく懐かしいベトナムごはん。

これが持ち帰りできるなら、もう自炊しなくても大丈夫です。

 



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
(ベトナムでごはん3で、ランキング参加中)