ベトナムでごはん3 ☆☆☆ ホーチミン市と奈良市で移住生活

今は、奈良県で生活。日本とベトナムの2拠点で生活です。

ホーチミン市の人気両替所を、実際に体験してみると。

 

以前は、ベトナムの銀行は外国人でも、観光ビザの3ヶ月でも、定期預金ができました。

ビザが3ヶ月でも、1年定期や2年定期ができました。

       ↓

20197月からは、6ヶ月以上のVISAがないと、外国人は定期預金ができなくなりました。

満期になると、利息が付かないただの預かり金になるだけです。

 

se200116doi211

20億VNDが満期になったので、銀行から引き出しました。


ベトナムドンで、利息も付かない預り金では目減りするだけなので、アメリカドルに両替して何か方法を考えましょう。

 

      ↓

116日に、ホーチミン市で人気の高い両替所に行って、本当にレートがいいのかチェックしてみました。

行ってみたのは、3ヶ所。


①人気1位の、ベンタン市場西側の両替所。

②ベンタン市場の東側の、空いている両替所。自分のお気に入り。

③ドンコイ通りの人気の両替所。

          ↓


ベトナムドン⇒アメリカドルの両替です。

1米ドルを買うのに、いくらベトナムドンが必要か。

 

結果は、

① 1/16(木) 1億ドンを両替(@23,190ドン)
  →4,312ドル。釣り5千ドン。 ベンタン市場西側。

② 1/16(木) 1億ドンを両替(@23,200ドン)
  →4,310ドル。釣り8千ドン。 ベンタイ市場東側。

③ 1/16(木) 10億ドンを両替(@23,200ドン)
  →43,100ドル。釣り8万ドン。 ドンコイ通り。

(参考) 当日のベトコムバンクの「VND → 米ドルの両替レート」は、1ドル=23,230VND.
3カ所とも、ベトコムバンクよりもレートがいい。

 

人気1位の①ベンタン市場西側が、1ドルを23,190ドンで購入でき、レートがよかったです。

しかし、①にはもう行きたくない。


 

<3か所で両替して感じたこと>


se200116doi221


① レートが一番いいのは、ベンタン市場の西側だが、道路に面していて、防犯上よくない。


・混んでいて、割り込みが多い。

・お札の枚数を数える機械が、店員用に奥にあるだけで、お客に確認用がない。

1億ドン両替して、100米ドルが43枚でたが、手で43枚数えなくてはならない。

23万円の少額の両替ならいいが、50万円100万円の時は、手で数えるのが手間なのでやめたほうがいい。

 

② 一番よかったのは、ドンコイ通りの両替所。

5億ドン(50万ドン札×1,000枚)を2束、合計10億VNDを持っていったので、そおっと見せて奥のVIPルームに案内してもらいました。

・個室で、機械で一緒に枚数を数えるので安心。
 ベンタン市場の西側は、道路に立って、他の客と争うように待つので危険だし、客が機械で枚数を数えた結果を確認できない。


1ドルあたり、23,200ドンと23,190ドンの違い=2320分の1。2320円で1円の差なので、仮に23,000円両替しても、10円しか変わらない。23万円で100円。


・一番よいレートで両替するのにこだわって、23万円で100円の差で、道路上で割り込みをされながら、自分も前に出て、混雑で貴重品に気を付けて、ストレスを感じながら両替する必要はない。

se200116doi222

5万や10万の少額なら、空いているベンタン市場の東側の両替所のほうがすぐに両替できて便利。椅子もありカフェが併設なので、自分のお気に入り。



 <総合判断>


5
万円とか10万円程度の両替であれば、レートが一番よい「ベンタン市場の西側の両替所」で、両替してもいい。

 
しかし、混んでいて安全ではない。
路上で大金をだして、それに神経を集中していると、後ろに並んでいる人にバックの中身を盗られそう。


大金の場合は、

 se200117doi211

大金を両替する場合は、店内で枚数の計測器のある店のほうが良い。

これは、50万ドン×1,000枚で15億ドン。
3つで15億ドン。お金持ちになった気分です。


2位 ベンタン市場の東側の、この両替所。

 

se200117doi221


店内に椅子がある。カフェも併設。

レートも、一番よいと言われているベンタン市場の西側に比べて、2320分の1しか、変わりがない。
23,000円両替したら、10円しか違わない。)

 

1位 ドンコイ通りの人気店


se200117doi222



・店内で両替なので安全だし、高額の場合は店の奥のVIPルームで対応してくれるので、安心だしわかりやすい。

・紙幣の質が、一番よかった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ  ← ランキングに参加中。 
(あなたからいただいたクリックで、ランキングが上がります) 

イオンで、お寿司

たまに見かける記事で、

「ホーチミン市には、日系スーパーのイオンがあるので、何でもそろいます。生活に不自由しません。」というのがあります。


       ↑

ホーチミン市に6年住んでいる自分の感想では、これは、うそです。

 

日本のイオンと、ホーチミン市のイオンは品ぞろえがちがいます。

何でもそろうわけがない。日本の商品は一部だけです。

 

イオンで使えるお店の一つは、「中島水産」。

ここでは、お寿司が売っています。

テトの期間も営業しているので、いざという時にも助っ人になります。

 

mon200113ion111

今日、久しぶりにお寿司を買ってみました。

 

mon200113ion121
握り寿司と、巻き寿司。
右の巻き寿司は、軽く揚げてある巻き物で、ベトナム独特のお寿司です。

mon200113ion122

上のにぎり寿司は、59,000ドン。

300円弱なので安いです。

近所の様子 (2020年1月21日更新)


部屋から見る夕日 (2020年7月5日)

mati200705pheya01


街の風景 (2020年1月21日)

tp200121su111


正月まで、あと4日。

街では、そこらじゅうで「スイカ」が売られています。

 

tp200121su112


スイカに彫刻のような彫り物をしたのは、値段が高そうです。

街の風景(2020年1月13日)


 tp200113ta111tp200113ta112
tp200113ta113

今年の旧正月、テトは1月25日。

街にもふだんはない正月用の子供服の屋台や、年末のお歳暮が売り出しを始まり、テトを迎える装いです。

 
テトのお年玉袋を購入しました。ベトナムでは大人にもお年玉をあげます。

掃除のおばちゃん、プールの監視員の兄ちゃん、入口の警備員・・・・、
お年玉を渡す人が、たくさんいます。


街の風景(2020年1月7日)



tp200107man111

2019年3月に、新築マンションに引っ越し。

1年近く経って、すっかり街にも慣れました。

 

tp200107man112

近所の市場

 

tp200107man113

道路では、いろいろなものが売っているので楽しい。

 

tp200107man114

肉がぶら下がっています。

30度を越える屋外で、肉が傷まないか心配です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ ←ランキング参加中 
(あなたからいただいたクリックで、ランキングが上がります)

日本料理店④ 田中亭で、冷やし中華

ホーチミン市の日本料理店、のんびりと食べ歩きして、データベース化していきます。

①丸亀うどん ②再々ラーメン ③満マル

 

mon200113ta111

今回は、④田中亭

 

冷やし中華

mon200113ta121
mon200113ta122

田中亭は、冷やし中華が安くてうまい。

大盛で、50,000ドン。

でも、3年前に比べて味が落ちているのが残念。

 

鮭茶漬け

mon200113ta131
mon200113ta132

鮭茶漬け 20,000ドン。

2万ドンは100円弱。この鮭茶漬け、うまいです。

 

ビール

mon200113ta141

ビールも安い。333ビール 20,000ドン。

 

ビール2万ドン、冷やし中華大盛り5万ドン、鮭茶漬け2万ドン、

おしぼり追加して、92,000ドンで食べることできました。

安くてうまい。

日本料理店の中では、コストパフォーマンスが最高です。

ベトナムの銀行預金、外国人の場合。

 

SK2020年1月6日号の記事に、


200109skjinkou101

「ベトナム在留邦人の貯金事情、定期預金と貯蓄預金の違いとは?」

が、掲載されていました。

 

200109skjinkou102

これが記事です。

 

読みやすいように、内容を記載します。


 

外国人もがっちり貯めよう!

定期預金と貯蓄預金の違いとは?

 

<貯蓄預金の種類は、定期・要求払いの2つ>

 

2019年7月から、外国人は、「貯蓄預金」が利用できなくなり、代わりに、居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人は、「定期預金」を利用できるようになりました。

 

「貯蓄預金」には、定期・要求払いの2種類があり、現金による入出金・普通預金からの振替のどちらも可能です。

居住者であるベトナム人は外貨建て・VND建てから選択できます。

 

これに対し、「定期預金」は、居住者・非居住者のベトナム人、居住者のベトナム組織(外資含む)、および居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人が利用でき、外貨建て・VND建てかを選べますが、現金での入出金ができず、定期預金の預入れ、元本・利息の受け取りは貯金者の普通預金口座を通じてのみ行えます。

 

 また、居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人の預金期間は、ビザ等の残存在留期間を超えることができない等の制約があります。

 

<貯蓄・定期ともに利率は同じ>

 

ベトナム国家銀行は、貯蓄預金・定期預金とも、名称が異なるだけでどちらも「預金」であることに変わりはないとしており、また、各銀行は通常どちらも同じ利率に設定しているので、利用者にとって実際上の違いは特段なさそうです。

 

 旧制度と比べると、非居住者であって6ヶ月以上の在留資格を持たない外国人は利用できなくなり、また、おそらくマネーロンダリング対策のため、現金での入出金ができなくなった等の変化が見られます。

 

 ある外資銀行が2018年に調査したところによると、アンケートに回答した外国人労働者の72%が「ベトナムへ赴任してから貯蓄額が増えた」と回答し、またほぼ同じ割合の回答者が「本国にいるときよりも可処分所得が増えた」としているそうで、定期預金の需要もさらに伸びそうです。みなさんも始めてみますか。 (文章 小幡葉子)

 

一番のポイントは、

① 6ヶ月以上の在留資格がないと、定期預金はできない。

② 預金期間は、残存在留期間を超えることができない(ビザの範囲内)。

③ 現金での入出金ができない。

          ↓

駐在員等、労働許可書をもっており、2年間のレジデンスカードがある人は、ビザの範囲内で定期預金ができる。

働かないで、3ヶ月間の観光ビザで長期滞在している自分は、定期預金ができない。
金利が高いと言っても、それを利用することができない。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ   

(ランキング参加中)

 

プロフィール

アンコムチュア

ホーチミン市に住んで、ローカル食堂や屋台で、ベトナムの庶民料理の食べ歩きを楽しんでいます。
日々の食事を通して、ベトナムの食文化を知ることがライフワークです。